>> FX必勝ツール無料プレゼントが決定!! ★

【なぜ?】資格・検定マニアが嫌われる理由10選まとめ

【なぜ?】資格・検定マニアが嫌われる理由10選まとめ

こんにちは!資格マニア2年生のどどっちです。

本日は、資格マニアになって2年目の私が実際に体験したり、集めた情報をもとに“資格マニアが嫌われる理由10選“をご紹介いたします。

資格マニアが嫌われる理由を知りたい人の参考になれば幸いです。

それでは早速、資格マニアが嫌われる理由をご紹介いたします!

①”自慢”だと思われるから

資格マニアが資格をたくさん保有していることを公言することで、自慢だと思われてしまうため嫌われる事があります。

資格をたくさん持っていると、

「私は資格をたくさん持っています。すごいでしょ?」

「これだけ資格を取ったの。すごいでしょ?」

などと言っているように勘違いされる事があるのです。

資格マニアであることを話すときは、伝え方に気をつけましょう。

②資格マニアには変わった人が多いから

資格マニアには、変わった人が多いです。

結婚より資格。仕事より資格。飲み会より資格。

資格マニアは、貴重な時間やお金を資格取得に注ぎます。

また”勉強はやりたくないもの”と考えている人が多いため、勉強を好んでする資格マニアは変人扱いされて、嫌われる事があるようですね。

③ノリが悪いと思われるから

資格マニアはノリが悪い“ため、嫌われることがあります。

資格マニアは、飲み会や遊びの誘いに参加しない事が多いです。

なぜなら資格マニアは、遊びよりも資格取得を優先する必要があるからです。

そのためノリが悪いと思われてしまい、嫌われることがあるようですね!

④”仕事や家庭よりも資格が大事”だと思われるから

資格マニアは、資格が大好きです。

そのため周りの人からは、”仕事や家庭よりも資格を大事にしている”と思われてしまい、嫌われる事があります。

実際に仕事や結婚をしないで、人生の全てを資格取得に注いでいる猛者もいるようですね。

⑤”資格マニアは仕事できない”のイメージが強いから

メディアの影響などで、”資格マニアは仕事ができない”と思っている人が多いです。

そのため資格マニアは、仕事ができないと思われて嫌われてしまいます。

しかし”資格マニアは仕事ができない”と言う人のほとんどは、真の資格マニアと一緒に働いた事がありません。

資格マニアであることと、仕事ができるかは全く関係ありません。資格マニアだというだけで、仕事ができないと決めつけてしまうのは良くないですね!

⑥嫉妬されるから

資格マニアは、嫉妬される事があります。

「私もあの資格が取りたい」「若いうちに資格を取っておけば良かった」

など、資格を持っている事を”うらやましい”と思う人は少なくありません。

資格マニアは、嫉妬されて嫌われることも多いようです。

⑦”理系資格が気持ち悪い”と思われるから

資格マニアが保有する”理系資格のイメージ“で、嫌われることがあります。

例えば、化学工場で働いているわけでもないのに毒物や危険物の資格を持っていると、

「爆弾でも作ってるの?」などと思われてしまう事があります。

持っている資格が、相手にマイナスの印象を与えることもあるようですね。

⑧”ナルシスト”だと思われるから

資格マニアは、”ナルシスト”だと思われて嫌われることがあります。

本人がそのように思っていなくても、

「頑張って資格をたくさん取っている自分が、かっこいい」

などと思っていると勘違いされてしまうのです。

資格マニアである事を話すさいは、伝え方などにも注意が必要ですね。

⑨グレー・ブラックな企業が多いから

資格マニアの中でも、社労士などの士業資格を保有していると嫌われる事があります。

日本には”残業問題”をはじめとして、ルールを守れていない企業がたくさんあります。

グレー・ブラックな職場では、士業資格のある人や、知識のある人を嫌う傾向があるようですね。

⑩”一つのことに集中できない”と思われるから

資格マニアは、同時に色々な資格・検定の勉強をします。

例えば、「空手の練習をしながら会計の勉強をして、中国語を覚えつつ漫画を読む」と言った具合です。

良く言えばマルチタスク上手ですが、”一つのことに集中できていない“と捉えられてしまうこともあります。

“一つのことに集中できていない”ように見える姿が、注意散漫になっていると捉えられて嫌われることがあるようですね!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

この記事では、資格マニアが嫌われる理由を10個ご紹介いたしました。

資格マニアは、資格を持っているというだけで嫌われてしまうことがあります。

資格マニアであることを明かすさいや、転職活動などで持っている資格を伝えるときは、伝え方にも気を付けましょう。

back_to_top