>> FX必勝ツール無料プレゼントが決定!! ★

【独学MOS】Office Access(アクセス)に1日で合格しました!

【独学MOS】Office Access(アクセス)に1日で合格しました!
MOS Office Access certification

こんにちは!どどっち(MOS アクセス2016 合格者)です。

今回は、勉強期間1日独学で、MOS(Microsoft Office Specialist,通称:モス)のアクセス(Access)に1日で合格した方法をご紹介いたします!

MOS Office Accessとは?

まず初めに、「MOS」とは、Microsoft Office Speciallist(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)の略称です。

MOSは、マイクロソフト社が、エクセルやワードをはじめとした自社のアプリケーションについての知識や理解度を認定する民間資格です。全ての問題が実践形式の問題で構成されていて、Windowsソフトのスキルを証明する資格として、日本ではかなり知名度の高いIT資格の一つです。

現在では、Excel、Word、PowerPoint、Access、Outlookの5つのアプリケーションごとに試験の科目が分かれていて、さらにそれぞれのアプリケーションのバージョンごとに科目が分かれます。

今回私の受験したAccessの試験は、その名の通り、Microsoft社の開発したデータベース管理アプリケーションとして名高い、Access(アクセス)の知識を証明するものです。

1日で合格!独学受験で感じたこと

私が試験の独学合格までに、勉強に費やした時間は1日でした。

正直、ExcelやWordなどの超有名ソフトと比べると、Accessのやや知名度が劣ることから、他のMOS同様に1日の受験勉強で挑むことがやや不安でした。他の方のブログなどを見ていても、何度も落ちているというものも見受けられました。

しかし実際に受験してみて、「MOS Accessの試験は、1日の勉強で合格することが十分に可能である!」と断言できます。

普段Accessを利用していない方だと抵抗があるかもしれないですが、恐れることは全くありません。資格試験の中では、”超簡単“の部類だと感じました。

合格までに行ったこと

私が試験合格までの勉強として行ったのは、MOS公認の公式テキストを解きながら、とにかく実際にAccessを利用してみることだけでした!

MOS試験においては学科試験が一切なく、実際の試験では、公式テキストで出題される問題形式とよく似た実践形式の問題が出題されています。

普段からAccessを業務などでバリバリ利用している方であれば、テキストを読むだけで事足りることでしょう。しかし私はAccessを利用した経験はほとんどなかったため、実際にAccessを触りながら勉強をすることで、合格することができたのだと思います。

MOS試験の科目になっているようなMicrosoft社のソフトは、どれもユーザーインターフェースがわかりやすく作り込まれていて、1,2回触っただけで、操作を覚えてしまうことも多いです。

「とにかく実際に触ってみる。」これがMOS合格の最短ルートだと思います。

これで合格!MOS Access試験におすすめの参考書

私が勉強に使用した参考書は、富士通FOM社が出版している公式テキストです。

MOS試験の公式テキストは、大きく分けてFOM社と日経BP社の2つのものに分かれます。私は、MOSのパワーポイントやエクセルにも独学合格していますが、どの試験でもFOM社のものを利用しました。まわし者でもなんでもないですが、FOM社のものはオススメできます!

Microsoft Office Specialist Microsoft Accsess 2016 対策テキスト&問題集 (よくわかるマスター)

MOS試験では毎度おなじみ、富士通FOM社の手がける「よくわかるシリーズ」こと通称「緑本」を購入しました。

アマゾンのレビューを見ても高評価が並んでいます。私は、実際にこちらのテキストを利用して、独学で・勉強時間1日のみで合格することができたため、個人的にもとてもおすすめの教材です!

内容は、付属のDVDから教材をダウンロードして、実際にAccessを利用しながら勉強を進めていくものになっています。

自分の持っているパソコンに入っているAccessのバージョンが異なるものだと、うまく学習することができないので注意が必要ですね!

他の方も書いているように、とにかく覚えるまでこの参考書を回してれば普通に受かります。私の場合は1日で、4時間くらいの勉強時間で1.5周くらいを回して試験に臨みました。

MOS Accessを取得するメリット

私が、MOS Access(モスアクセス)の資格を取得して、感じたメリットをご紹介いたします!

  1. データーベースソフトの価値や利用方法が理解できた。
  2. MOSのエクセルやワードは保有者が多いが、アクセスは少ないのでアピールできる。
  3. 基礎的なAccessの知識を理解できた!

私は、上記の3点が取得のメリットとして感じました。普段からAccessを利用している人であれば、問題の内容は簡単すぎて物足りないかもしれないです。

しかし、Accessの知識について客観的に証明できる資格は他にはほとんどないため、とりあえず取得しておいて損はないと思いました。

MOSは取る意味あるの?

MOSの試験でよく議論されるのが、「MOSは取得価値があるのか?ないのか?、転職などで使えるのか?使えないのか?」といった点です。

私は、勉強して取得しておいてあれなのですが、取得することにあまり価値はないと思っています。しかしAIやスマホを利用しての業務が主流となりつつ今の世の中においても、まだまだExcelなどのソフトを利用しているところは多いです。

とりあえずMOS資格を取っておいて、使う機会がなければ使わなければいいですし、「利用機会があればラッキー」くらいに思っておくのがベストかなと思っています。

とりあえず余裕があるなら取ってしまうのが良いと思います!

back_to_top