>> FX為替&資格マニアの情報を発信中!! ★

危険物乙1に一夜漬けで合格した勉強方法【体験記】

危険物乙1に一夜漬けで合格した勉強方法【体験記】

こんにちは!資格マニア3年生のどどっちです。

今回はこれまでに乙2・3・4・5・6を取っていたので、乙種フルビットが欲しいと思い乙1を受験しました。

結果、一夜漬けで一発合格!

非常に簡単な試験だという印象を受けました。

この記事では、危険物取扱者乙1に一夜漬けで合格した方法や、取得のコツなどをご紹介しています。

これから乙1を受験する方や、乙1に挑戦しようか迷っている方の参考になれば幸いです。

危険物取扱者(乙1)とは?

危険物取扱者乙種第1類(通称:乙1)は、塩素酸塩類や無機化酸化物などの酸化性固体を取り扱うことのできる資格です。

分子中に酸素を含していて他の物質を酸化させる力の強い乙1の危険物は、爆発などを引き起こす危険な物質です。

そのため、取り扱うためには国家資格である危険物乙1を取る必要があります。

主に「化学工場や研究所で働く人」や、「危険物甲種の受験資格を満たすために受験する方」が取る資格として知られています。

危険物”乙1″で扱うことのできるもの

危険物乙1で取り扱うことのできる危険物には、下記のようなものがあります。

  • 塩素酸塩類
  • 過塩素酸塩類
  • 無機化酸化物
  • 亜塩素酸塩類
  • 臭素酸塩類
  • 硝酸塩類
  • よう素酸塩類
  • 過マンガン酸塩類
  • 重クロム酸塩類
  • 三酸化クロム
  • 二酸化鉛
  • など

乙1は、危険物乙種試験の中では暗記する物質が多いため、難しいと感じてしまう方が多いです。

しかし種類が多い代わりに、まんべんなく簡単な問題が出題されます。

危険物取扱者乙1試験の詳細

それでは早速、危険物乙1試験の詳細を見ていきましょう。

主催
試験地全国の試験センター
試験方式5肢択一式,マークシート
試験日時地域による
受験資格なし
試験時間2時間
問題数35問(保有資格による免除有)
受験料4,600円
合格発表開催地による(掲示またはHP)

危険物乙1の難易度

危険物乙1の難易度は、非常に簡単です。

覚える物品の量が多いため難しいように感じますが、内容は非常に簡単です。

しっかりと暗記をして基礎知識を押さえておけば、勉強が苦手な方でも合格できるでしょう。

危険物乙1の合格率

危険物乙1の合格率は、65〜75%程度で推移しています。

合格率が高い理由は、受験者の8割以上が他類の危険物免状を取得している科目免除利用者だからです。

科目免除を利用すると問題数が10問になるので、非常に高い合格率になります。

科目免除を利用しない場合は、試験難易度がやや高くなるため注意しましょう。

危険物乙1の勉強時間

乙1合格に必要な勉強時間は、10〜20時間程度とされています。

合格者のブログなどを見る限り、試験合格者の多くは1週間程度の勉強で合格しているようですね!

覚える事が少ないため、試験前日から勉強を始めて、一夜漬けでも十分に合格することが可能です。

危険物乙1の試験範囲

危険物乙1の試験範囲は、下記のようになっています。

試験科目概要
危険物に関する法令(全類共通)消防法、法令、規則
基礎物理・基礎化学(全類共通)物理学・化学の基礎。燃焼・消化の基礎知識。
危険物の性質並びにその火災予防及び消火の方法乙1の対象品目の性質・火災予防・消化方法など。

危険物取扱者乙1試験の科目免除

危険物乙1の試験では、既に他類の乙種危険物取扱者免除を持っている方のみ、試験科目の一部を免除することができます。

免除資格免除内容
乙種危険物取扱者免状を有する者法令・物理化学の全ての問題

科目免除を利用すると、問題数が35問から10問になり、試験時間が2時間から35分に短縮されます。

危険物乙1に一発合格する勉強方法

私が、危険物乙1(科目免除受験)に一夜漬けで合格するまでに行った勉強は、

  • テキスト読み込み4周
  • 練習問題1周

のみでした。勉強期間は試験前日と当日の2日のみ、勉強時間は5時間くらいだと思います。

乙1の試験範囲は覚える内容が多いため、他の科目に比べて勉強に時間がかかります。

私はたまたま合格することができましたが、1週間程度の勉強期間を設けると良いと言われています。

これで合格!危険物乙1のおすすめ参考書

ユーキャンの乙種第1・2・3・5・6類危険物取扱者 速習レッスン

危険物乙2で最もおすすめの参考書は、ユーキャンの出している”ユーキャンの乙種第1・2・3・5・6類危険物取扱者 速習レッスン“です。

合格者のブログなどをみると、危険物乙種を複数個受験する方の多くが、こちらの参考書を利用しているようです。

筆者の私も実際にこちらの参考書を利用して、乙6→乙3→乙5→乙2→乙1と5つの試験に合格できたので、非常におすすめできます。

乙種1・2・3・5・6類危険物取扱者試験 科目免除者用

続いておすすめしたいのが、公論出版の「乙種1・2・3・5・6類危険物取扱者試験 科目免除者用」です。

筆者は利用した事がありませんが、試験会場で持っている方が一番多い参考書だと感じました。

Amazonの売れ筋ランキングや合格者のブログを見ても、乙1・2・3・5・6を受験する方に一番人気があるようですね。

危険物乙1に独学・一夜漬けで合格する4つのポイント

①物品の「温度」は覚えない

引火点・融点・沸点などの温度は出題される可能性が低いため、覚えなくても大丈夫です。

万が一出題された際にも、消去法などを用いて解答をすることが可能です。

360度だったり、370度だったり、物品によって若干温度が違うので、非常に覚えにくいですよね。

物品の温度は、全て捨ててしまっても問題ありません。

②「その他」の危険物は覚えない

出題率の低い「その他」の危険物については、覚える必要はありません。

過よう素酸ナトリウム、メタ過よう素酸、亜硝酸ナトリウム、ペルオキソニ硫酸カリウムなどがこれに当たります。

これらは出題確率が著しく低いため、非常にコスパの悪い科目です。

時間に余裕のある方や、資格取得後に実務で使う場合には覚えておきましょう。

③満点を目指さない

危険物取扱者の試験は、60%の正答率で合格する事が可能です。

そのため、試験範囲の内容を全て覚えていなくても合格することが可能です。

乙1の試験範囲を完璧に覚えても、実務では役に立たないことの方が多いです。

合格のために「やらないこと」を決めて、効率良く合格を目指しましょう!

④水に溶けるもの・溶けないものを暗記する

乙1の危険物は、水に溶けるもの溶けないものが混在しています。

どの物品が水に溶けて、どの物品が水に溶けないのか覚えておくと良いです。

また水以外のアルコールやエタノールとの反応についても、時間に余裕があれば覚えておきましょう。

危険物乙1を取得するメリット

危険物乙1を取得するメリットには、下記のようなものがあります。

  • 甲種危険物の受験資格を得られる
  • 乙1指定の危険物を利用できるようになる
  • 化学工場などの転職で有利になる

乙1は非常に使用頻度の低い危険物が集められているということもあって、取得するメリットはほとんどありません。

求人サイトなどをみても、乙1の保有者を求めている求人はめったに掲載されないです。

会社などで取得するように言われたら勉強を始めるくらいで、ちょうど良いでしょう。

資格マニアなどを除いて、自分から積極的に取るような資格ではありませんね!