>> FX為替&資格マニアの情報を発信中!! ★

若いうちに取っておくべき資格ベスト10【最強】

若いうちに取っておくべき資格ベスト10【最強】

こんにちは!資格マニア2年生のどどっちです。

資格マニア2年目の私が資格について調べていたところ、「若いうちに資格を取っておけばよかった」と後悔されている方が多いと感じました。

ニュースアプリで「30代になって後悔している事ランキング」という記事を見た際に、資格取得をしておけば良かったというのが、2位にランクインしていました!

そこでこの記事では、資格マニアが厳選した「若いうちに取っておくべき資格 ベスト10」をご紹介いたします。

若いうちに資格に挑戦したいと考えている方や、子供に勉強させる資格について学びたいなどといった方の参考になれば幸いです。

若いうちに取っておくべき資格とは!?

若いうちに取っておくべきだと言われている資格といっても、様々な意見があります。

大前提として、資格を取るべきかどうかや、資格の必要性そのものは人や環境によって全く異なるためです。

しかし資格を持っているか否かで比較をした場合、資格を持っていた方が役に立つ場面も多いでしょう。

キャリア系の記事などを読むと、「20代・30代のうちに資格を取っておけば良かった」と後悔している方がとても多いようです。

将来、後悔をしないような選択をできると良いですね!

若いうちに資格を取るべき理由

若いうちに資格を取った方が良い」と言われる事が多いですが、いったいなぜなのでしょうか?

若いうちに資格を取っておいた方が良いとされる理由を、5点にまとめました。

①若いうちしか活躍できないから

若いうちしか活躍できないような資格は、若いうちに取っておいた方が良いと言われています。

若いうちしか活躍できない資格の多くは、身体的な理由が原因となるものです。

例えば、身体を動かすスポーツ関連の資格や、飛行機などの難易度の高い運転系資格などがあります。

歳を取ってから資格を取っても使えなかったり、活躍することのできない資格は、できれば若いうちに取っておきたいですね!

②受験資格に年齢制限の上限があるから

受験資格に年齢制限の上限がある資格も、若いうちに取っておく必要があります。

年齢制限のある資格は、警察・消防・自衛隊をはじめとした公務員系の資格に多いです。

試験に合格できるだけの技能や知識を持っていたとしても、年齢制限があって試験が受けられない。と後悔される方が多いようです。

年齢制限に上限のある資格は、若いうちに取っておくべきでしょう。

③資格取得までに大量の時間がかかるから

資格取得までに大量の時間がかかる資格は、若いうちに取るべきだと言われています。

時間がかかる資格には、医者や看護師のように長期間の通学や研修が必要となるものや、司法試験のように試験範囲が広く、勉強に時間がかかるものが挙げられます。

資格勉強をするための大量の時間を確保するには、若い方が良いケースが多いでしょう。

例外はあるものの、一般的には歳を取るにつれて、家庭や仕事の都合でプライベートの勉強時間を確保するのが難しくなるでしょう。

④受験資格を得るまでに、大量の時間がかかるから

資格の中には、受験資格を得るまでに大量の時間がかかるものがあります。

受験資格の厳しいものでは、特定の学歴が必要なものや、関連業界での職務経歴が数十年必要なものなどがあります。

受験資格の厳しい資格を取るためには大量の時間がかかるため、極力時間に余裕のある若いうちから挑戦しておいた方が良いでしょう。

またそういった資格を取るさいは、なるべく早くに決断をして挑戦を始めると良いですね!

⑤老化が進むと、脳の機能が低下するから

人間の脳や身体は、老化とともに衰えていくものです。

そのため、特に大量の暗記や技術取得が必要となる難関資格は、若いうちに取っておいた方が良いと言われています。

例えば80歳・90歳になってから難関資格を取ろうとしても、もちろん不可能ではありませんが、若い時と比べて苦労する事が多いでしょう。

脳が老化して記憶力や情報処理能力が衰えてくる前に、資格を取っておくべきですね!

若いうちに取っておくべき資格ベスト10

ここまで若いうちに資格を取る理由をご紹介してきました。

それでは早速、老若男女様々な方の意見を参考に、資格マニアが厳選する「若いうちに取っておくべき資格ベスト10」をご紹介いたします。

①医師

若いうちに取っておくべき資格ナンバー1は、医師免許です。

医師免許を取ってから医者として活躍するためには、最短でも8年かかります。

また医学部に合格する勉強時間や、医師免許を取った後に業務経験を積む期間も計算すると、活躍するまでに10年〜15年以上の年月が必要だと言われています。

医師になるためには大量の時間がかかるため、医師免許を取ろうと考えているのであれば、なるべく若いうちから覚悟を決めて挑戦すると良いでしょう。

②司法試験

司法試験は、弁護士・裁判官・検察官になるための日本の最難関資格です。

司法試験の受験資格を得るためにはまず、法科大学院を卒業するか、司法試験予備試験に合格する必要があります。

一般的にはどちらの道を選んだとしても、受験資格を得るだけで6〜8年の時間がかかります。

また試験範囲が広く勉強に時間がかかるため、年配の方は時間の確保をするのが難しいという意見が多いです。

司法試験合格を目指す場合は、できるだけ若いうちに勉強を始めると良いでしょう。

③自衛隊幹部候補生試験

自衛隊幹部候補生試験は自衛隊の幹部候補生になるための資格試験で、36歳未満しか受験する事ができません。

また一般自衛隊員の入隊資格を目指す場合でも、特別な場合を除いて33歳までしか入隊する事ができません。

その事からも、自衛隊幹部候補生の資格試験を目指したい方は、なるべく若いうちから挑戦した方が良いでしょう。

36歳以上になってしまうと、受験そのものが出来なくなってしまう資格です。

④定期運送用操縦士

定期運送用操縦士とは、飛行機のパイロット資格です。

定期運送用操縦士の試験は21歳以上であれば誰でも受験できますが、受験資格に「約1500時間の飛行経験」があるため、若いうちに取得した方が良いと言われています。

社会人になってから1500時間の飛行練習を積むのは難しいと感じる方が多く、40歳,50歳を超えてくると身体的な問題が出てくる方もいるでしょう。

そのため定期運送用操縦士は、若くて時間のあるうちに取っておくのが良いと言われています。

⑤国家公務員総合職試験

国家公務員総合職試験とは、国の中枢部で働く、いわゆる”キャリア官僚”になるための試験です。

国家公務員総合職試験の最大の特徴は、30歳までしか受験する事ができない点です。

30歳を超えてしまうと受験そのものが出来なくなってしまうため、国家公務員総合職試験の合格を目指す方は若いうちに挑戦しましょう。

不合格になって再受験する可能性なども考えると、27歳前後までには挑戦を初めておきたいですね!

⑥英語資格

英語資格に限らず、言語系のスキルや資格を身につけるのは、少しでも若いうちの方が良いと言われています。

中でも英語の資格を若いうちに取っておくことで、視野が広がり、キャリアの幅が広くなる点が魅力的です。

歳を重ねてから勉強する事もできますが、学習スピードに差が出ると共に、就職・転職市場などでの見え方も異なるでしょう。

世間一般で言われているように、若いうちに英語資格を取るとメリットがたくさんありますね!

⑦美容師

美容師の資格は、若いうちに取った方が良いと言われています。

その理由には、美容学校に若者が多い点や、年齢によって技術やセンスの習得に差が出る点が挙げられます。

美容師の国家試験に年齢の上限はないですが、40歳・50歳の方が10代に混じって2年間美容学校に通うのは、なかなか酷だと感じる方が多いようですね。

歳を取ってから挑戦する事も可能ですが、なるべく若いうちに取っておいた方が何かと有利なことが多いでしょう。

⑧各種スポーツのプロライセンス

スポーツのプロライセンスを取って活躍したいという方は、若いうちに取っておいた方が良いと言われています。

身体を使って競技するスポーツの多くは、技術習得までに大量の時間がかかると共に、若いうちしか活躍できない事が多いです。

もちろん年配の方でもチャレンジする事は可能ですが、身体が思うように動かなくなっていたり、疲れた後に回復する時間がかかったりする点が不利でしょう。

スポーツのプロライセンスを取って活躍したいという方は、若いうちに技術を磨き、ライセンスを取っておくと良いでしょう。

⑨公認会計士

公認会計士は、日本の会計における最高峰の資格です。

よくキャリア関連の記事などでは、なるべく若いうちに会計の知識を付けておいた方が良いと書かれています。

税金や会計は全ての国民・全ての会社に関わる問題なので、簿記や税務の知識を持っていると、様々な場面で活躍できるでしょう。

最高峰の国家資格である公認会計士を若いうちに取得しておくことで、キャリアの幅や視野が大きく広がりますね!

⑩調理師

調理師は、食品の調理技術や身体の基礎知識を学ぶ国家資格です。

「食」は全ての人間が死ぬまで行う、人間の根幹となる行為です。

若いうちに「食」や人体の正しい知識をつけることで、ビジネスだけでなく、健康管理や自炊などに役立てる事ができることでしょう。

同様の理由で、調理師以外に医師・栄養士・看護師などの資格もおすすめです!

まとめ

この記事では、若いうちに資格を取るべき理由と、若いうちに取っておくべき資格ベスト10をご紹介しました。

資格取得について考えている方・悩んでいる方の参考になれば幸いです。

何歳になっても資格取得に挑戦する事はできますが、中には年齢制限などで取れなくなってしまう資格もあります。

また資格の必要性や考え方などは人それぞれですが、若いうちに資格を取っておいて損する事はないでしょう。

それぞれの置かれた環境で、後悔のない資格ライフを送れることを祈ります!

back_to_top