>> FX必勝ツール無料プレゼントが決定!! ★

資格マニアが考える、MOS取得のおすすめの順番

資格マニアが考える、MOS取得のおすすめの順番

こんにちは!MOSマスターのどどっちです。

今回はMOSことモス資格の概要と、いくつかある科目の中から、おすすめの取得する順番を書いていきたいと思います!

MOSとは!?

MOS」とは、Microsoft Office Speciallist(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)の略称です。

MOSは、マイクロソフト社が、エクセルやワードをはじめとした自社のアプリケーションについての知識や理解度を認定する民間資格です

。全ての問題が実践形式の問題で構成されていて、Windowsソフトのスキルを証明する資格として、日本ではかなり知名度の高いIT資格の一つです。

現在では、ExcelWordPowerPointAccessOutlookの5つのアプリケーションごとに試験の科目が分かれていて、さらにそれぞれのアプリケーションのバージョンごとに科目が分かれます。

MOSのバージョンについて

MOSは、マイクロソフトオフィス製品のバージョンアップに合わせて、約3年ごとに試験もバージョンアップされています。

2020年8月現在では、「365&2019」「2016」「2013」の3つのバージョンを受検することが可能です。

「現在使用しているWindowsのパソコンの、Officeのバージョンが古い」などの特別な理由がない限りは、原則、最新のものを受検するのが良いでしょう!

MOSの資格に合格後の資格の有効期限はありませんが、バージョンアップを重ねるごとに、バージョンの古いものから資格の有効性は薄れていきます。

MOSの科目と受ける順番

MOSの科目

MOSの科目には現在、

  • Word(ワード・文章作成)
  • Excel(エクセル・表計算)
  • PowerPoint(パワーポイント・プレゼンテーション)
  • Access(アクセス・データベース管理)
  • Outlook(アウトルック・電子メール)

5つの科目があります。

5つの科目のうち、ワードとエクセルはさらに難易度ごとに、スペシャリスト(一般)とエキスパート(上級)の2種類の科目に分かれています。

受ける順番

受けるべき順番は、個々の置かれたそれぞれの環境によって変わると思います。

・職場で、「MOS Excel Expert」を取って来いと言われた。

・一からWordを勉強したいので、Wordの一般レベルを受験したい。

など、取るべき資格が決まっている場合は当然ながら、取るべき資格を優先して受検しましょう。

ここでは、

「どれを取ったらいいか分からないけど、MOS資格に興味がある。」

「とにかく就活で役に立ちそうな資格が欲しい。」

など、MOSの受験を試みているものの、どの科目から挑戦すればいいか分からない方にむけて、おすすめの順番をご紹介致します。

①MOS Excel Expert(上級)

MOSの中で最も人気の高い試験が、Excel Expert(エクセル・エキスパート)です。

日本で仕事をするにあたって、Excelを利用している会社は多いため、取得しておいて損はない資格の一つですね!

MOS資格を取りたいけど、どれから取ればいいか分からないという方は、Excelエキスパート(上級)に挑戦することをおススメ致します。

MOSExcelは一般レベルもありますが、上級レベルと一般レベルの難易度は、そこまで大きく変わりません。

普段Excelを利用している方であれば、上級から受けてしまって問題ないでしょう。

②MOS Word  Expert(上級)

Excel Expert(エクセル・エキスパート)に次いでおすすめの科目が、MOS Word Expert(ワード・エキスパート)です。

Excelと同様、日本では仕事や学校でワードを使う機会がとても多いです。

GoogleドキュメントやiOSのメモなどを利用する人も増えてきていますが、まだまだWordは根強い人気があります。

ワードを使いこなせるというだけで仕事で重宝されるようなこともあることから、事務職やライター業などではMOS Word Expertは引き続き人気資格のようです。

③MOS PowerPoint(一般レベル)

Excelエキスパート、Wordエキスパートまでが、一般的に知名度の高いと言われているMOS資格です。

Excel、WordのMOS試験と比べると知名度がやや劣りますが、PowerPointの試験は、Excel、Wordに次いで取得するべき資格です。

最近ではGoogleスライドなども台頭してきましたが、プレゼンテーションを行う方にとって、PowerPointはまだまだ欠かせないアプリケーションといえるのではないでしょうか。

余裕があれば、是非とも取得しておきたい資格ですね!

MOSは誰でも取れる!?

MOSの資格は誰でも取れるわけではありませんが、難易度が低く、勉強をすれば簡単に取得することが可能な資格です。

履歴書の資格欄を埋めたい方や、とにかく何か目標を持って勉強したいという方におすすめの資格です。

資格マニアの方の入り口の資格としても、認知されているようですね!

まとめ

MOSを取得する順番は、個々の目標や環境によって変わります。

何を目指せばいいか分からないという方は、一番人気の高いMOS Excelの一般か上級を受けてみることをおすすめ致します!

back_to_top