>> FX必勝ツール無料プレゼントが決定!! ★

【セブ島・ロレガ地区】墓場スラムをサクッとソロ散歩

【セブ島・ロレガ地区】墓場スラムをサクッとソロ散歩

こんにちは!どどっちです。

今回は、東南アジア「フィリピン・セブのロレガ地区にある、墓場スラム」を回ってきました。

丸山ゴンザレスさんの活躍する、「クレイジージャーニー」という番組で放映されて以降、一躍有名になったセブの墓場スラムですが、墓場に人が住んでいるというだけで、特段変わった様子はないスラムでした!

目の前で人が死ぬわけでもないですし、襲われることもありませんでした。むしろ、旅人が訪れることに住民は慣れているようで、商売をしている感じですね。

セブの中心地近くにあるので、治安も決して悪くはなさそうでしたし。。。

とりあえず思いつきで、サクッと散歩してきたので、写真付きで感想などを書いていきたいと思います!

フィリピンの墓場スラムの場所

フィリピンの墓場のスラムとは、セブ島の中心地、セブシティにある、CarretaCemeteryのことです。

GoogleMapを貼っておきます!

場所は、大型ショッピングモールとして観光ガイドなどには必ずと行っていいほど書かれている、アヤラモールから歩いて15分くらいのところです。

そうです。かなり都心にあるスラムなのです。

タクシーでも、トゥクトゥクでも、チャリでも、歩きでも、なんでも行くことができます!

トゥクトゥクを捕まえて、スマホでGooglemapを見せれば、きっと一発で運転手は理解することでしょう。

危険地帯だから行くのを断られるなんてことは、まずありません。

私がGoogleで調べた事前情報では、この墓場のスラムがあるロレガ地区は、セブの中でも最も貧困層が集まる危険地区とのことでした。

しかし実際に訪れてみると、大したことはないです 笑

感じの良さそうな人たちが、わちゃわちゃ。

生活感まるだしで暮らしていて、東南アジア近辺ではどこでも見かける光景です!

人通りもありますし、ガラが悪そうな人はあまり見かけないですね。

私が一人で歩いていても、子供から声をかけられることはありますが、めちゃくちゃな押し売りをされたり、いきなり襲われたりということはありませんでした!

そこら辺を歩いている人たちに適当に話しかけても、気軽になんでも受け答えしてくれます。

むしろ、「仲良くなったし、ご飯食べてく?」みたいな感じのノリで日本よりも暖かい人たちばかりです 笑

ぎゅうぎゅうした感じがなんか良い!

早速、墓場のスラムに潜入!

入り口はさびれてる。。。

入り口付近におばちゃんがいたので、

入るよー!」と声をかけたところ、「どうぞご自由に!」とのことでした 笑

もし、日本国内で家にいきなり知らない人が入ってきたら、即座に警察を呼ばれます。

対照的に、知らない人が家に入ってきても、ウェルカムなのがフィリピンの暖かいところですね!

大通りから少し入っただけだと、「果たしてここが墓場のスラムなのか?」よく分からないです。

奥に進んでいくと、それらしくなってきました。

この一つ一つの墓のスペースが、家として住んでいるところみたいですね!

確かに人は住んでるんですが、生活感はあまり出てなかったです。

話を聞いたところ、墓の管理を仕事としながら、許可を取って住んでるみたいで、めちゃくちゃなことやってるわけではないみたい!!

よくメディアで見るところ!

ただの墓です。人もいませんでした。無宗教でよかったです。

場所によっては、結構汚くてくさいです!管理してるくせに掃除さぼりすぎ 笑

特に

変わった様子は

ないですね! 笑

15分くらい散策して、住んでる人に色々話を聞いて、お礼を言って帰りました。

墓に住んでいるというだけで、それ以外は特に他のローカル住民と変わらないみたいです。

入り口では、なんか色々売ってました!私はお腹が空いたので、おやつを買いました。

ここに観光客が来ることを前提に商売してますね!

10分歩いたら日本さながらの光景なんですよねー!このミックス感がセブもマニラもそうですが、熱いポイントですよね!

大変勉強になりました。行ってよかったです!

墓場のスラムで感じたことまとめ

  • メディアが誇張しすぎ!
  • 思っていたよりも都心!
  • 住んでる人は、自分のスペース以外掃除はしない!
  • フィリピンの人は人柄がいい!優しい!
  • セブシティの開発が進んだら無くなりそう!
  • 宗教とか死者感は人それぞれ!

back_to_top