>> FX必勝ツール無料プレゼントが決定!! ★

チェンナイの最貧困スラム”ノチクパム”にこっそり潜入

チェンナイの最貧困スラム”ノチクパム”にこっそり潜入

こんにちは!どどっちです。

今回は、インドの最貧困スラムの1つである、南インド・チェンナイのノチクパムスラムに行ってきた時のブログを書きます!

ノチクパムスラムのことを知ったのは、JETROの発行したBOP層に関するレポートを読んだ時でした。

もともとノチクパムスラムを見に行きたいと思ったきっかけは、経済を学んでいたからだったわけなのですが、インドのBOP層へ日本から働きかけるビジネスというのが、とても興味深かったからです。

デリー、ムンバイ、アーメダアードなどのスラムと共に、チェンナイのノチクパムスラムが載っていた訳なのですが、中でもノチクパムスラムは「極めて貧しく、日々の最低限の食事も取ることができないスラム」というような感じで紹介されていて、気になっていました。

ノチクパムのスラム(Nochikuppam)

ノチクパムのスラムは、チェンナイの中心部、マリーナビーチを海沿いに南下した場所にあります。

1,300戸の小さな小屋に5,000人が暮らしていて、最低限の生活もままならずに餓死してしまう人もいます。

チェンナイの一大観光地であるマリーナビーチのすぐそばにも関わらず、その生活には天と地の差があるのです!

GoogleMapで見ても、このエリアになるとストリートビューが途切れています!

そもそもインドはストリートビューが見れないところばかりなんですが 汗

ノチクパムのスラムに行ってきました!

ひとまずマリーナビーチを目指します。

ムスリムなので、みんな海でも服着てます。海水浴の文化はないし、そりゃそうですよね!

私の価値観が、世界基準では間違っていたと気づかされました。

この人たち、海へ何をしに来ているのか全くわからないんですよね 笑

インドでは私が話しかけると大体めんどくさいことになるので、話しかける気力もありません。

とにかく、私が浮いています!流石に空気を読んで、海水浴は出来ませんでした。。

常温のジュースが売られています。。ペットボトルは新品ではなく、中身を詰め替えたものです 笑

冷えた水もジュースもマリーナビーチでは高級品。1万円出しても、商品がないので買えません 汗

テキ屋ストリート。風船とか、タトゥーショップとかがあります。

砂浜続きで疲れますし、とにかく冷たい飲み物が欲しくなりますね。

そのままふらふらとスラムを見つつ南下していきます。

途中、急に後ろからカバンをひったくられそうになりました 笑

もめて血が出ていたので、いったん避難。リキシャに乗って再度行きます。スラム内の人口密度が高いので、スマホ出して撮影してたらすぐ取られそう 汗

東南アジアのスラムとは質が違って焦ります。。人柄や見た目によっては、一人でふらっと行くのは割と危ないかもしれないですね!(私は童顔なので結構舐められるタイプです笑)

この世の終わりみたいですw

バイオハザードの映画を思い出しました。

家が火事で燃えてました。消防車なんてもちろん来ないので、火消しが屋根に登って火を消してます。

これは結構、衝撃的でした!

back_to_top