>> FX必勝ツール無料プレゼントが決定!! ★

ハン市場とコン市場、どちらに行く!?ダナン二大市場を徹底比較

ハン市場とコン市場、どちらに行く!?ダナン二大市場を徹底比較

こんにちは!どどっちです。

ベトナムダナンの二大市場「ハン市場」と「コン市場」の両方に行って比較してみました!観光ガイドや口コミをみると、「ハン市場」の方が断然有名ではあるのですが、「コン市場」も侮れません。

それぞれに良い点・悪い点がありますが、東南アジアの市場・マーケットを訪れたことがないという方であれば、「コン市場」。生物やグロに抵抗があるという方には、「ハン市場」がとてもおすすめです!

それぞれに行ってきたので、感想を書いていきたいと思います!

①ハン市場(Han Market)

撮影:どどっち

ハン市場は、観光客がメインターゲットの市場です。

ダナン大聖堂やロン橋などの観光地をはじめ、おしゃれなカフェなども集まるハン川沿いにあるので、いくつかの観光地を歩いて回ることもできます。そういった意味でも観光客にとって交通の便がよく、人気になっているのかもしれないですね。

モール型になっているハン市場は、2階建てです。

主に1階には、果物や調味料、コーヒーやお菓子などの食品がところ狭しと並んでいます。お土産も安く買うことができるので、お土産を探している方にもおすすめですね!調味料などが並んでいるからか、東南アジアのマーケット独特の、ちょっと変わった香りが漂っています。匂いに敏感な方は、キツイかもしれないですね!

2階には、衣料品が陳列されています。服やカバン、靴に財布にアクセサリーなどの雑貨も揃います。仕様はローカル仕様ですので、東京クオリティは期待しないようにしましょう。その分、日本と比べると価格が安いです。

1階も2階も、客引きが結構激しいです。購入する際は、価格交渉などもできるので色々話してみてください!

ハン市場に行ってきた!

ハン市場の入り口はこんな感じ!ローカルの人が買い物しているイメージはあまりないですね。

ところ狭しと商品が並べられていて、ごちゃごちゃした感じがアートです!色々見てまわりましたが、どれもベトナムの様々な場所で見かけることのできるものばかりで、特に珍しいものはありませんでした。少しもの足りない感じはありますね!

系統でいうと、クアラルンプールのプラザGMとかそっち系のモールだと思います。目ぼしい商品はなかったですが、一度は訪れてみても損はない場所だなと思いました。

ハン市場(Han Market)の詳細

<ハン市場(Han Market)>
住所:119 Đường Trần Phú, Hải Châu 1, Hải Châu, Đà Nẵng 550000, Vietnam
電話番号:+84 236 3821 363
営業時間:朝6時〜夜7時

②コン市場(Kon Market)

コン市場はアーケード式の市場で、食品から雑貨、衣料品などの生活用品が販売されている、市民の市場的存在です。

ハン市場と比べるとローカル色が強く、観光客向けというよりは、実際に生活しているダナンの人々が買い物をしていくようなところです。ローカル市場ですね。

ダナンの人々の生活風景を垣間見たい!という方には、コン市場を訪れることをおすすめいたします。

コン市場行ってきた!

コン市場は車の行き交う大通り、フンブオン通り沿いにあります。Grabタクシーで「コンマーケット」と伝えると、中央入り口まで連れてきてもらえます。

入り口のロゴは、市場っぽくないですね!

東南アジアのよくある市場って感じです!

アーケード式で屋根が付いているので、雨の日も濡れません!無地の服をきてる人が多いですね。

ベジタブル。葉物が多めです。日本でよくみる食材も多いですね!

匂いはきつめですね!

調理用具や調味料は、大体のものがこのコン市場で揃います。品揃えがかなり多い方ですね!

果物が充実しているのも嬉しいです!しかも安い。生搾りジュースも飲めますよ!

営業許可があるのかわからない感じの人たちもいました。

外も屋台が並んでます。

コン市場、品揃えが充実していて良かったです!内容的にはよくある東南アジアの市場なのですが、服装がユニクロっぽい感じでベトナムの私服感出てるのが面白かったですね!おすすめです。

<コン市場(Kon Market)>
住所:290 Hùng Vương, Vĩnh Trung, Hải Châu, Đà Nẵng 550000, Vietnam
電話番号:+84 236 3837 426
営業時間:朝6時〜夜6時

back_to_top