>> FX必勝ツール無料プレゼントが決定!! ★

FXを難しく考えすぎてはいけない3つの理由【シンプルに考える】

FXを難しく考えすぎてはいけない3つの理由【シンプルに考える】

こんにちは!どどっちです。

今回は、”FXを難しく考えすぎてはいけない3つの理由“をご紹介致します。

①相場には上がる、下がる、横ばいの3種類しかないから

FXトレードにおいて、価格の変動は「上がる」「下がる」「横ばい」の3種類しかありません。

トレード初心者によくありがちな”難しく考えてしまう”には、下記のようなものがあります。

“上がる下がる””下がる上がる”

「上がる下がる」とは、上がると思っていたはずなのに、下がると思い始めるパターンです。

“上がる下がる”は多くの場合、相場の時間軸を理解できていないか、損切りまたは追い玉を考えていなかったために起こります。

相場が思うように動かなくなった場合に備えて、自分にとって適切な損切りや追い玉のラインを考えることはとても大切です。

相場は常にどちらに動くか分かりませんが、”買って上げる””売って下がる”の2つの基本原則以外で、キャピタルゲインの利益を出すことは出来ません。

上がるはずなのに売る、下がるはずなのに買うといった、あべこべな間違いを犯さないように気をつけましょう。

②あなたが難しく考えても、相場は何も変わらないから

相場とは、世界中の人の行動や世の中のあらゆる事象によって価格が変動するために動きます。

「風が吹けば桶屋が儲かる」ということわざはあまりにも有名ですが、一見すると関係ない事柄も含めて、様々な事象が複雑に絡みあっています。

あなたが超能力者や魔法使いでもない限り、脳内で難しく相場のことを考えたところで、相場が思ったように動くということは決してないのです

FXはビジネスや人生と同じように、難しく考えたからといって必ず上手くいくというものではありません。

“考える”ということは大切ですが、”難しく考える”必要は全くないでしょう。”難しく考える”のではなく、”俯瞰して考える“力の方が大切です。

③時には考えることよりも、行動する事が大事だから

FXにおいて、時には”考えること”よりも”素早く行動すること“の方が大事な時があります。

“考えている間に、チャンスが無くなってしまった。”

“考えている間に、損失が拡大して退場してしまった。”

“考えている間に、相場が休みに入ってしまった。”

など、考えている間にチャンスを逃してしまったり、思わぬ損失を抱えてしまう可能性があります。

このように、FXにおいては素早い判断を怠ったことが命取りとなる場合があります。時間をかけて難しく考えすぎないように、気をつけましょう。

まとめ

FXにおいて、難しく考えすぎることが、結果としてよくない事を招いてしまう可能性もあります。

しかし、全く考えないで思考停止すればいいかというと、それは違います。一度自分の思考を言語化して、ロジカルに考えてみることをお勧め致します。

また、FXトレードは自分自身との戦いでもあります。

トレードの経験を積んでいく中で、自分の性格や環境に合わせて”適切な考え方“を探していく事が大切ですね!

back_to_top