>> FX必勝ツール無料プレゼントが決定!! ★

【FX】インジケーターを使わないでトレードに勝つ方法まとめ

【FX】インジケーターを使わないでトレードに勝つ方法まとめ

FXにおける「インジケーター」とは?

FXにおいて「インジケーター」とは、主にテクニカル分析において分析手法を可視化した表示のことを指します。

為替チャートのデータを各手法に基づいた様々な計算方法で下降して、売買指標の目安として利用することがあります。相場の勢いや過去の値動きとの対比を利用して、将来の価格を予測しようというものです。

代表的なインジケーターには、移動平均線一目均衡表ストキャスティクスボリンジャーバンドRSIMACDなどがあります。

*インジケーター(Indicator)・・・計数表示をする機器、指示器のこと。

インジケーターは、あくまで分析手段の一つ

FX初心者が陥る罠の一つに、「インジケーターを使っても勝てない。。」ということがあると思います。

この段階で大切な考え方の一つは、「インジケーターを使っても、値動きの行方は分からない。」ということです。

インジケーターで分析することができるのは、あくまで過去の事象であり、値動きです。過去の事象を分析したところで、未来の値動きを的中させるということは当然ながら不可能です。

あくまでも「分析手段の一つ」であるということをしっかりと理解することが、FXトレードにおいては大変重要な考え方の一つです。

インジケーターを使わないで勝つ方法とは?

indicate_pc

FXトレーダーの中には、インジケーターを利用しないで収益を得ている方も大勢います。

そこで、「インジケーターを使わないで勝つ方法には、いったいどんなものがあるのか?」をまとめてみました。

①プライスアクションのみでトレードを行う

ローソク足

プライスアクションとは?

プライスアクション(Price Action)とは、チャートに記録された、過去のプライス(price,値段)のアクション(Action,動き)、つまり値動きのみを分析して相場状況を判断する手法です。

値動きの中に記録された投資家の心理やパターン、特徴などを分析して、将来の値動きを予測します。プライスアクションにおいては、ローソク足が利用されることが多く、インジケーターを必要としない手法です。

インジケーターを利用しなくとも、プライスアクションのみを利用して相場に勝利しているトレーダーは大勢います。ただし、プライスアクションのみを利用して相場に勝ち続けるためには、経験を積んで相場を肌感で理解する必要があります。

プライスアクションの教科書を鵜呑みにして、本質的な理解のないままトレードを行うことは良くないとされています。

②インジケーターを開かなくとも、インジケーターが分かる状態になる

中級者トレーダー~上級者トレーダーの段階になると、インジケーターを開かなくても、チャートを見るだけで自然に頭の中にインジケーターの図表が描かれるようになります。

これは、複数回チャートを見て経験を積むことによって、インディケーターを表示しなくとも、「インディケーターではこのように表示されるであろう。」というのはわかるようになります。

トレードの上手な方の中には、頭の中で無意識のうちにインジケーターを描いてトレードに臨んでいるといったことがあるようですね!

③長期投資家、またはファンダメンタルズ投資家として活動する

長期投資家やファンダメンタルズ投資家の中には、インジケーターを見ない方が大勢いることでしょう。

テクニカル分析ではなく、国や地域の将来性や関係性をファンダメンタルズ分析から判断して投資すると言った場合、インジケーターを見る必要はない場合も多いでしょう。

ただし、こういった方法で収益を得ているトレーダーであっても、基礎的な投資の教養として、インジケーターの成り立ちや意味はきちんと理解している場合が多いと言われています。

さいごに

インジケーターをトレードに利用しないという方であっても、一度は勉強して、頭の片隅にインジケーターの知識をおいていても損はありません。

また、インジケーターを利用するかしないかは、それぞれの投資に対する価値観や環境、トレードの技術などによって判断するのが良いとされています。

インジケーターを全く利用しないというトレーダーであっても、基礎教養として移動平均線やRSI、一目均衡表などのよく知られているものは当然使い方を知っていた方がいいですね!

back_to_top