>> FX必勝ツール無料プレゼントが決定!! ★

【AdobeMaxJapan2019】クリエイターの祭典に初参加

【AdobeMaxJapan2019】クリエイターの祭典に初参加

こんにちは!どどっち(クリエイター)です。

今回は、日本中のデザイナー、クリエイターであれば大注目している祭典とも言える、Adobe Max Japan2019に初めて参加してきた時の話をしていこうと思います!

私は今回初参加でしたが、とても面白かったです!

AdobeMaxJapanとは!?

AdobeMaxJapan(アドビ・マックス・ジャパン)は、アドビ社が主催する、クリエイターが一堂に集まるお祭りのようなものです!

アドビ社といえば、本社はアメリカにあり、フォトショップやイラストレーター、ドリームウィーバーなどをはじめとして、デザイン業界に関わるものであれば必ず一度は聞いたことがあるであろう、コンピュータソフトやアプリの開発を中心に、全世界へ展開している会社です。

アドビ社は定期的に新製品の発表会などを行っていて、中でも一番大々的に開催され、盛り上がるのがAdobe Maxなのです。

本家AdobeMaxはアメリカで毎年されていて、全世界のクリエイターやメディアから大きな注目が集まります。

そのAdobeMaxの日本開催版が、AdobeMaxJapanなのです!

スポンサーにはChromeBookをはじめとして、ソフトバンク、マイクロソフト、大塚商会など、名だたる企業が名を連ねます。

私も、Adobe社の製品は以前より愛用しておりましたが、この祭典のことは全く知りませんでした。

デザイナーの後輩S君に教えてもらい、ノリで初参戦です!

参加方法

AdobeMaxJapanにビジターとして参加するためには、まずチケットを入手する必要があります。

2019年の開催は12月3日(火)でしたが、チケットが発売されたのは、約2ヶ月前の10月頃です。

S君に教えてもらったところ、AdobeMaxJapanのチケットには、「早割」と呼ばれる先行予約チケットが発売されていて、そちらを使って予約すると、金額が安くなるとのこと。

私は、そちらで予約しました!3000円だったと思います。

マイページ

お金を払うと、「マイページ」と呼ばれる、AdobeMaxJapan限定の会員サイトを利用できるようになります。

こちらの「マイページ」は、当日の入場時や各セッションの受付の際にチケットの役割を果たすので、登録は必須になっています!

IDやパスワードも忘れないように保管しておきましょう!

セッション

当日は、「セッション」と呼ばれるステージが開催されます。

セッションでは、それぞれのジャンルの専門家がステージで講演を行います。

フリースペースでも随時、Adobeをはじめとする様々な企業のブースが展開されていますが、随時開催されている企業ブースとは別で、AdobeMaxJapanの目玉となるのが、この「セッション」なのです。

セッションを受講するためには、あらかじめマイページにてセッションを予約しておく必要があります。

当日、予約なしでいきなりセッションを受講することはできないみたいなので、注意が必要ですね!

セッションは、チケット代とは別で追加料金がかかるものと、チケット代のみで参加できるものがありました。

私が予約した際には、有名人が開催する人気のセッションは予約で満席となっていて予約ができませんでした!!

人気のセッションの予約は、奪い合いみたいですね 汗

私は全然知っている人がいなくて困ったので、とにかくタイトルで目をひくセッションを受講しました!

私の選んだセッションは、こんな感じのラインナップです。

  • ユーザーの心を掴む!気持ちいいインタラクションがつくりだすインターフェースデザイン
  • トップ映像ディレクターが語るアイデアの生み方から編集まで
  • Photoshop実践講座~痒いところに手が届く、Photoshop技法「10の事」~

WEB業界に携わるものとしては、どれも魅力的なタイトルです!!

AdobeMaxJapan当日

AdobeMaxJapanは朝から夜まで開催されているようですが、予定があったので、私はお昼頃から参戦しました。

2019年の開催場所は、みなとみらい駅近くのパシフィコ横浜です。

まずは、入場までの列に並びます。昼過ぎに参加したということもあり、すぐに中に入ることができました。

セッションの時間まで時間があったため、まずは会場内のフリースペースにある企業の展示を見て回ります。

ASUSのZenBookかっこいい!

来場者みんなでピクセルアートを完成させていく、Chromeの展示!

布に印刷する、業務用の昇華プリンター!

ARデザインも熱い!

企業の展示を回っていると、いよいよ待ちに待った「セッション」の時間です。

セッションが行われるステージへ向かいます。

ステージは結構広かったですが、席が埋まっていて熱気を感じました

セッションは、どれも結構面白かったです!

ただ、会場まで来て見なくても、ネット中継で見れば”十分”だなとは思いましたけど 笑

デジタルアーティストが手がける、デジタルライブペイント!

大人気のAdobeグッズショップ

並ばないと買えない上に品薄の人気商品があるので、買ってその場で売っても、メルカリで4倍くらいの価格になります。

転売ヤー注目!

実際に、当日にメルカリを見て確認したところ、2倍、3倍の値段で飛ぶように売れていました 笑

私自身は、一目惚れしたPhotoshopクッションと、Adobeパーカーを購入出来て大満足でした!!

来場者みんなで、イベントロゴの周りに絵を書いていく展示も!

これも盛り上がってました。思わず私も絵を描きます!

クリエイターのイベントということもあって、絵がうまい人が多いですね!

屋台コーナーもあります!

そんな感じで色々回って楽しんでいたら、日も暮れてきました。

時間が経つのが早いです!!!

夜になると、ステージ周りに集まってみんなでお酒を飲む、BeerBash(ビアバッシュ)と呼ばれるイベントが始まります。

BeerBashでは、コンテストの優勝者が表彰されたり、Adobe運営側からの重大発表が行われたりして、来場者同士で交流もしながら盛り上がります!

業界では有名なユーチューバーさんや、ツイッターの有名人もいるみたいです。

ドリンク代は、2ドリンクがチケット代に含まれているので、大変お得です。

大人気のアドビオリジナルカクテルもあります!

オリジナルカクテルは数量限定とのことで、整理券には20分近くの長蛇の列が出来ていました。

私は全く知っている人がいなかったのですが、業界では結構有名な方々が登壇されていたみたいで、ステージ前は盛り上がってました 笑

そんな感じで、気づいたら会場に7時間くらい滞在。

大満足でしたので、来年も機会があれば参加したいと思います!

参加者の皆さんは大体同じことを考えると思いますが、横浜中華街が近いので、中華街で中華を食べて締めて帰りました!!!

最高!約半日、AdobeMaxJapanは最高に楽しかったです!

AdobeMAXJapanの公式ホームページはこちら

back_to_top